香川県丸亀市にある尾野農園で採れるお野菜について

HOME > お野菜について

青ネギの周年栽培を中心に、レタス、キャベツなどの野菜を生産しています。
契約栽培でカット野菜工場への出荷が中心ですが、地元の飲食店などへの販路も広がっています。
また、ネギドレッシングなどの加工品開発にもチャレンジし、消費者の皆さまに親しんでもらえる商品づくりを心掛けています。

こだわりの土作り
私たちは土作りにこだわっています。
牛糞を一年に一回は大量に投入して土作りを行います。
微生物のエサである有機物を入れ、微生物の偏りを無くし、健康な土を作り、作物を育てています。
そして輪作体系をつくり、いろいろな作物を作るように心がけています。
毎年、土壌診断を行い足りない成分を畑に入れることにより、肥料入れすぎや、不足が出ないように管理しています。
ネギ
ネギは周年栽培を行っており、毎日出荷しています。我々の主力品目です。
業務用のネギとして、うどん屋さんやコンビニ弁当、冷凍食品の具材として使用されています。
微妙な肥料管理を行っていくことで、日持ちするシャッキとしたネギに仕上がります。
レタス
11月取りから5月上旬まで出荷が続きます。
品種を変えていきながら、秋から春まで取っていきます。
寒い時期はトンネルをかけて温度管理調整をし綺麗に結球するように管理を行っていきます。スパーマーケットの生食用や業務用レタスとして出荷しています。
朝取りレタスは最高の美味しさです。
キャベツ
12月から3月まで出荷しております。まるまる太り寒さに当たったキャベツは甘味がありそのまま食べるのが一番味が良くわかります。レタス同様、スーパーマケットの生食用や業務用キャベツとして出荷しおります。
ブロッコリー
4月から5月にかけて出荷しています。
レタス収穫後のトンネルをそのまま利用して1月に定植を行います。
大きくなった時点でトンネルビニールを除けて収穫まで待ちます。
朝早くから収穫しています。
玉ねぎ
5月から6月にかけて出荷しています。
12月に植えて6ヶ月間かけて大きくなり収穫を迎えます。
圃場排水に気をつけながら管理をしています。
かなり重たい野菜なので、圃場から持ち出すのも大変な作業となります。

尾野農園は、IT 技術を積極的に取り入れ、未経験からでも就農しやすい環境を整えています。
1~7日の体験入社もご用意していますので、就農前に農家の仕事を知りたいという方もお気軽にご相談ください。