香川県丸亀市にある尾野農園は、青ネギ・イチゴ・キャベツ・レタスなどの露地栽培にIT技術を取り入れ、安定的な供給を実現しています。

HOME > 尾野農園日誌 > 2016年7月

夏祭りのねぎ焼き屋台

毎週のミーティングをする中で、

ひとつのテーマを決めてグループ討論をしております。

その中で、お客さんとの距離が遠いという意見が出てきました。

確かに、考えてみると、主力のネギはカット工場に送り、

実際お客さんが食べていたり、買っていくところを想像が難しい。

JA出荷も同様に、お客さんとの繋がりがほとんどないという状況です。

こうして見ると、お客さんとの接点がほとんどないというのが現状です。

では現状として、、今できることは何かを考えた結果、ねぎ焼きを作り、お客さん

に食べていただくのは、どうだろうかという意見が出ました。

丁度、近くの亀山学園の夏祭りが開催されるので、そこの屋台に

参加してはどうだろうかという、意見が出ました。

早速、亀山学園に話に行き、ねぎ焼きをさせていただくことになりました。

 

P1390590.JPG

 

ボランティアでねぎ焼きを焼き、自分たちが作ったものを

実際に食べていただき、

喜んで食べてもらうことを間近で見ることで、

作って食べてもらうまでを実感してもらい

ネギをもっとうまく作るのにはどうすれば良いか考えるきっかけや、

農業の喜びを体験してもらう事を、目的に参加いたしました。

 

P1390582.JPG

500食を目標に、17時から20時までの間で焼き切らなければなりません。

初めてのねぎ焼きで、勝手が分からずに初めは苦戦しておりましたが

コツをつかむとうまく焼け出し始めました。

途中で大行列ができ、バタバタしておりましたがなんとか無事に終えることができました。

 

P1390598.JPG

喜んで食べていただいている姿を見れて、嬉しかったという感想があがったり、忙

しすぎて周りを見る余裕がなかったという感想がありました。

初めての試みで改善点は多々ありましたが、無事に終えることができました。

生産者と消費者の繋がりを、どう仕組みを作っていくかを考えながら

農業をしていきたいと思っております。 

雨が心配されましたけど、かぼちゃの収穫が始まりました

いよいよかぼちゃの収穫が始まりました。

長雨続きで、かぼちゃが水没しないか心配しておりましたが、なんとか無事に収穫することができました。

つるの付け根がコルク状になり、膨らんで来れば収穫適期となります。長雨と曇天でなかなかコルク状になってこなかったのですが、ようやく収穫時期を迎えました。

IMG_2870.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

収穫後のかぼちゃは、倉庫内で広げて乾燥と追熟を行います。この作業をキュアリングといいます。非常に大事な作業で、この工程を加えることで、水分が飛び腐りにくくなり、甘みが増してきます。

ここでも、腐ってくるかぼちゃがありますので、扇風機をかけて強制的に風を送っていきます。

IMG_2904.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

そして、つるの付け根の部分が乾ききると、キュアリング終了です。綺麗に表面をふき取り、箱詰めして出荷していきます。

IMG_2907.JPGのサムネール画像のサムネール画像

 

 

 

 

 

尾野農園は、IT 技術を積極的に取り入れ、未経験からでも就農しやすい環境を整えています。
1~7日の体験入社もご用意していますので、就農前に農家の仕事を知りたいという方もお気軽にご相談ください。