香川県丸亀市にある尾野農園は、青ネギ・イチゴ・キャベツ・レタスなどの露地栽培にIT技術を取り入れ、安定的な供給を実現しています。

HOME > 尾野農園日誌 > 2018年6月

A・GAP(アジアギャップ) キックオフ

ASIAGAP (アジアギャップ )とは

ASIA  Good  Agricultural Practice

アジアの 良い  農業の   やり方

GAPとは農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保する

ための生産工程管理の取組のことです。

ASIAGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。

今年、尾野農園ではASIAGAP認証に向け、5回の研修、審査を行っていきます。

今回、第1回目は6月18日、GAP指導員の方を迎えて、社員全員での研修がスター

トしました。

 

アドバイザーの鎌田様より、ASIAGAPの説明、今後の課題等、詳しくしていただきました。

gapkensyu2.jpg

 

ASIAGAP認証をすることで、社内5S活動の推進、社員さんの役割分担の明確化、将来起こりうるリスクへの管理などを目的として、認証の取得を目指していきます。

政府も東京オリンピックへ向けへの食材供給の為、GAP取得を推進しております。

まだまだ、一般の方にはもちろん、農業をされている方でもGAPの浸透はこれからです。しかし何年か後には、農業界でGAPの認証が当たり前になることが考えられます。

社内、社外においても信頼を得て、さらにより良い農業を構築していきます。

 

香川大学 農学部の方々が施設見学に来られました

 

香川大学農学部 農学入門 県内農業関連施設見学の訪問先として尾野農園に

学生45名(学部2年生)と教員の方が見学に来られました。

尾野農園で行っている農業、環境、雇用状況について尾野社長が説明を

行いました。

IMG_3340.JPGのサムネール画像

 

IMG_3355.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

学生からの様々な質問がありました。

季節により、忙しい季節、そうでない季節があると思うのですが、勤務は

どのようにしていますか?

弊社では、作物の品目を考え、対応しています。

良い作物をつくるための、どのようにしていますか?

金床(肥料)をつかったり、有機肥料を使用し、土づくりをしっかりしています

気象データを使った具体的な栽培方法について?

香川県農業試験場と一緒に行っているセンサーについて説明をしました。

また、ねぎの栽培ではどのような工夫をしていますか。

農業の現場である、尾野農園を熱心に見学していかれました。

農業について学び、こえからの農業を担っていって欲しいですね。

 

尾野農園は、IT 技術を積極的に取り入れ、未経験からでも就農しやすい環境を整えています。
1~7日の体験入社もご用意していますので、就農前に農家の仕事を知りたいという方もお気軽にご相談ください。